mezza9  NEWS情報

多様な働き方に関する制度、利用したメリット・デメリットは?
 東京都の産業労働局は3月23日、「平成28年度 東京都男女雇用平等参画状況調査」の結果を発表。調査は2016年9月1日~30日、都内全域の30人以上規模の事業所のうち、「建設業」「製造業」「情報通信業」など13業種2,500社、及び当該事業所に勤務する従業員5,000名を対象に、郵送による配布・回収にて行われた。
◆マイナビニュース◆

VAIO、SIMフリースマホ「VAIO Phone A」を前倒し発売 - 27日から
 VAIOは、3月22日に発表したAndroidスマートフォン「VAIO Phone A」の受注開始日を前倒し。当初は3月30日だったところ、27日13時から受注を開始する。調整を重ねた結果、すべての販路で3月27日13時の受注が可能となったため。取り扱いは、オンラインのソニーストアやVAIOストアのほか、家電量販店や各MVNOなど。
◆マイナビニュース◆

スキー場付近で雪崩 高校生6人心肺停止 4人と連絡取れず
 27日午前、栃木県那須町にあるスキー場付近で雪崩が起きて、登山の講習を受けていた山岳部の高校生と教員が巻き込まれ、県によりますと、高校生6人が心肺停止の状態になっているということです。このほか高校生と教員合わせて4人と連絡が取れなくなっているほか、高校生3人がけがをしているということです。警察や消防は、救助活動を進めるとともに、ほかに巻き込まれた人がいないか調べています。
◆NHKニュース◆

OpenSSL、Apacheライセンスへ変更
 OpenSSLプロジェクトチームは3月23日(米国時間)、「OpenSSL Re-licensing to Apache License Version 2.0 To Encourage Broader Use with Other FOSS Projects and Products」において、OpenSSLのライセンスをApache License v2.0に変更すると発表した。ライセンスを変更するために「OpenSSL License Change Agreement」というサイトが立ち上げられており、権利保持者に対して呼びかけを行っている。関係するコード寄稿者は400名ほどに上ると見ら・・・
◆マイナビニュース◆

ブルゾンちえみ、成田凌&町田啓太との"with N&M"に「うらやましい」の声続出
 大ブレイク中のお笑い芸人・ブルゾンちえみが25日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された「第24回 東京ガールズコレクション 2017 SPRING/SUMMER」(以下TGC)にサプライズ出演し、俳優の成田凌と町田啓太と共に"ブルゾンちえみ with N&M"としてネタを披露した。
◆マイナビニュース◆

米オハイオ州のナイトクラブで発砲、16人死傷
 [シンシナティ(米オハイオ州) 26日 ロイター] - 米オハイオ州シンシナティのナイトクラブで26日未明、銃乱射事件が発生し、警察によると、1人が死亡し15人が負傷した。直前に店内で発生したもめ事が事件に発展した可能性があるという。
◆ロイター: トップニュース◆

日本人と北米人の"物の探し方"は違う - 文化が視覚処理にも影響
 上田祥行 京都大学 こころの未来研究センター特定助教、齋木潤 人間・環境学研究科教授、北山忍 ミシガン大学教授、Ronald Rensink ブリティッシュコロンビア大学教授らの国際共同研究チームは、視覚情報処理のみに焦点を当てたシンプルな課題を用いて、文化が視覚情報処理に与える影響を分析した。
◆マイナビニュース◆

首相 テロ等準備罪新設の法案成立が必要
 安倍総理大臣は参議院予算委員会で、共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案について、組織的なテロや犯罪を防ぐ国際的な連携を促進するには、条約の締結が欠かせないとして、法案の成立が必要だという考えを示しました。
◆NHKニュース◆

18件の連続不審火に関与か、放火容疑で男を再逮捕
  東京・北区と足立区で不審火が18件相次いだ事件で、警視庁は、アパートに火をつけ焼いたとして41歳の男を再逮捕しました。
◆TBS News-i◆

東芝の米・原発子会社、28日にも“破産法”申請へ
  深刻な経営不振に陥っている東芝をめぐって、アメリカの原発子会社「ウエスチングハウス」が、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を申請する方針を固めたことがわかりました。現地時間の28日にも取締役会を開き、正式に決議する方針です。
◆TBS News-i◆

寺に放火の疑いで逮捕の男、殺人未遂の容疑で再逮捕
  東京・町田市で寺などを焼いたとして逮捕された51歳の男が、都営アパートに火をつけ、住人の夫婦を殺害しようとしたとして警視庁に再逮捕されました。
◆TBS News-i◆

ロシア各地で反政府集会、野党指導者や抗議者数百人を拘束
 [モスクワ/エカテリンブルク 26日 ロイター] - ロシア各地で26日、プーチン政権の汚職に抗議しメドベージェフ首相の辞職を求める集会が開かれ、集会を呼び掛けた野党指導者のアレクセイ・ナバリヌイ氏を含む数百人が警察に拘束された。
◆ロイター: トップニュース◆

新潟76歳男性殺害、鍵を持ち出し逃走か
  新潟県上越市で市営住宅に住む76歳の男性が殺害された事件で、犯人は部屋の鍵を持ち出し、逃走したとみられることがわかりました。
◆TBS News-i◆

天皇陛下 退位後のお住まい、皇太子一家との交換検討
  天皇陛下の退位が実現した場合、陛下のお住まいと皇太子さまのお住まいを交換される方向で検討が進んでいることがわかりました。
◆TBS News-i◆

「一生の思い出になる場所」 稀勢の里が優勝の喜び語る
  大相撲春場所で、左肩付近を負傷しながら優勝決定戦を制した稀勢の里が一夜明け、喜びを語りました。
◆TBS News-i◆

「西郷どん」 大久保利通役は?家族を演じるのは?
 来年放送されるNHKの大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」の新たな出演者8人が、27日発表され、主人公の西郷隆盛の盟友、大久保利通の役を瑛太さんが演じることになりました。
◆NHKニュース◆

ビカム、データフィード最適化基盤「Become Feed Platform」を提供
 ビカムは3月27日、これまで提供していたデータフィード作成サービス「Become Feed Creator(BFC)」に加えて、広告主や広告代理店のデータフィード広告運用担当者が自らデータ作成や最適化を実施できるセルフデータフィード管理機能を導入し、データフィード最適化プラットフォーム「Become Feed Platform(BFP)」に発展したサービスの提供を開始した。
◆マイナビニュース◆

アルファサード、マーケティング製品「VisitorAnalytics」を提供
 アルファサードは3月27日、One to One マーケティングツールである「VisitorAnalytics」をプラグインとして、同日より提供開始したと発表した。1カ月の無料期間に加え、申込み当月は無料で利用できるため、最大2カ月間の利用料が無料になる。
◆マイナビニュース◆

TKC、社長直轄の「AIリサーチセンター」を設立
 栃木県宇都宮市に本社を構えるTKCは、AI(人工知能)の研究開発を行う「AIリサーチセンター」を社長直轄の専門組織として4月1日付けで新設する。
◆マイナビニュース◆

「パラッパラッパー」、PS4版にあわせてサントラCDも復刻--5月24日に発売
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、リズムアクションゲーム「パラッパラッパー」のサウンドトラックCDを復刻。5月24日にティームエンタテインメントから発売すると発表した。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

朴槿恵前大統領の逮捕状請求 韓国検察
  巨額のわいろを受け取った容疑などがかけられている韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領について、韓国の検察は身柄を拘束するための逮捕状を裁判所に請求しました。
◆TBS News-i◆

9歳女児遺体で発見、別の場所で殺害後に遺棄か
  千葉県我孫子市にある排水路脇で、行方不明になっていた9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、女の子が別の場所で殺害された後、遺棄された可能性があることが新たにわかりました。警察署前から報告です。
◆TBS News-i◆

マレーシア、北朝鮮との最終協議結果発表へ
  北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシアと北朝鮮との間での正男氏の遺体の取り扱いなどについての最終的な協議の結果が27日にも発表される見通しです。現地からの報告です。
◆TBS News-i◆

吉野家にロボット「CORO」を導入 - 食器洗浄で約78%の工数削減へ
 協働ロボット「CORO(コロ)」を開発・製造・販売するライフロボティクスは27日、吉野家の店舗における食器洗浄工程で「CORO」を導入したことを発表した。この取り組みは、経済産業省平成28年度ロボット導入実証事業に採択されたものだ。
◆マイナビニュース◆

[キラキラ☆プリキュアアラモード]アニメのアニマルスイーツを再現 池袋にコラボカフェがオープン
  テレビアニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」(ABC・テレビ朝日)とスイーツパラダイス池袋店(東京都豊島区)のコラボカフェが27日、オープンした。アニメはスイーツとアニマルがテーマで、カフェでは、クリームでウサギが描かれた「キュアホイッ ……
◆マイナビニュース◆

現代自、中国工場の操業停止 政治的緊張が影響か=韓国メディア
 [ソウル 27日 ロイター] - 26日付の韓国のオンラインメディアは、現代自動車が中国工場の操業を24日から1週間停止したと報じた。最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備を巡り、中国と韓国の関係が冷え込む中、現代自は主要市場の中国での売り上げに影響が出るのではないか、との懸念が広がっている。
◆ロイター: トップニュース◆

「てるみくらぶ」が破産手続き、利用客への返金困難の見方も
  航空券の発券トラブルが続いている旅行代理店「てるみくらぶ」は、東京地裁から破産手続き開始の決定を受けたと発表しました。負債総額はおよそ150億円にのぼります。
◆TBS News-i◆

パナソニックからレコードプレイヤー続々。なぜあえて今レコードか?
 レコードといえば、40代くらいまでの方にとっては懐かしい存在だが、それ以降の世代だと、実物を見たことも触ったこともない人が多いものだろう。時代とともにレコードからCDへ。そして音楽はインターネット上で無料で聞くことができるし、定額サービスも普及している。「CDが売れなくなった」と言われるようになって久しい今、なぜCDよりもさらにアナログなレコードにスポットライトがあたるのだろうか?
◆マイナビニュース◆

ペンス米副大統領、米大使館のエルサレム移転に言及
 [ワシントン 26日 ロイター] - ペンス米副大統領は26日、テルアビブの在イスラエル米大使館のエルサレム移転に言及した。
◆ロイター: トップニュース◆

野党 “森友問題”追及継続へ、昭恵夫人や谷氏めぐり質疑
  国会では27日、来年度予算案が参議院本会議で可決・成立しますが、野党側は、大阪の学校法人「森友学園」への国有地売却問題について追及を続ける方針です。国会記者会館から報告です。
◆TBS News-i◆

iiyama PC、Xeon E5をデュアル搭載したQuadro採用ワークステーション
 ユニットコムは23日、iiyama PCブランドの「SOLUTION ∞」にて、Xeon E5プロセッサを搭載し、GPUとしてNVIDIA Quadroシリーズを搭載したCAD設計向けワークステーションを2モデル販売開始した。上位モデルでは、Xeon E5-2620v4をデュアル搭載している。BTOに対応し、直販価格は税別519,980円から。
◆マイナビニュース◆

栃木のスキー場で雪崩 6人が心肺停止疑い 県内の高校生らが利用
  27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場から「雪崩が発生した」と110番通報があった。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

英製造業団体、EU離脱巡り新たな貿易協定の重要性訴え
 [ロンドン 27日 ロイター] - 英製造業団体のEEFは27日、メイ首相に対し、欧州連合(EU)と新たな貿易協定を締結せずに離脱手続きを完了した場合は国内製造業が痛手を被ることになると警告し、離脱交渉でその可能性をちらつかせるのは控えるよう要請した。
◆ロイター: トップニュース◆

朴槿恵氏の逮捕状を請求 裁判所は29日にも判断
  【ソウル=桜井紀雄】韓国検察は27日、罷免された朴槿恵(パク・クネ)前大統領(65)に対する収賄容疑などでの逮捕状を請求したと発表した。29日にも裁判所が逮捕状発付の可否を審査する見通し。朴氏は21日に行われた取り調べで、容疑を全面的に否認。検察は「証拠隠滅の恐れがある」と判断し、請求に踏み切ったとしている。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

コラム:不安先行のトランプ円高は短命か=尾河眞樹氏
 [東京 27日] - 昨年11月8日に行われた米大統領選後のドル円相場を整理すると、3つのステージに分けられる。第1ステージは、11月8日から1月20日までの「トランプ・ラリー」だ。トランプ大統領の掲げてきた減税やインフラ投資といった景気刺激策への期待から、期待インフレ率と米長期金利が上昇し、米株価とドル円がパラレルに上昇した。
◆ロイター: トップニュース◆

ドルは110円前半、株安や輸出企業の売りで上値重い
 [東京 27日 ロイター] - 正午のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル安/円高の110.38/40円だった。
◆ロイター: トップニュース◆

栃木・那須町のスキー場で雪崩、高校生少なくとも6人が心肺停止
  27日午前、栃木県那須町のスキー場で雪崩が発生し、複数の高校生が巻き込まれました。少なくとも6人が心肺停止の状態だということです。
◆TBS News-i◆

焦点:トランプ氏の未熟な政治交渉力、代替案撤回で露呈
 [ワシントン 24日 ロイター] - 米共和党は24日、議会下院で予定していた採決直前になって医療保険制度改革(オバマケア)代替法案を撤回した。トランプ大統領と議会共和党指導部はぎりぎりまで採決に持っていくと主張していただけに、面目は丸つぶれとなった。
◆ロイター: トップニュース◆

グーグル、シマンテックが発行したTLS証明書に不信感
 グーグルの「Chrome」チームは、シマンテックが発行しているTransport Layer Security(TLS)証明書に対する信頼度を弱めることを提案した。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

旅行会社の「てるみくらぶ」破産開始決定、3万6千人の旅行中止か 発券トラブルで苦情相次ぐ
  東京地裁は27日、旅行会社の「てるみくらぶ」(東京)の破産手続きの開始を決定した。民間信用調査会社の帝国データバンクによると、一般旅行者約3万6千人に対し、約100億円の債務があり、旅行が中止に追い込まれる恐れがある。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

焦点:スコットランド独立派の「根拠」、前回投票と何が違うか
 [エジンバラ 21日 ロイター] - スコットランドが英国からの独立をめざす経済的な根拠はかつて石油だったが、現在は資源確保よりも貿易がこの地域の将来的な繁栄を確保するとの主張が高まっている。それにより英国の欧州連合(EU)離脱によるダメージを回避できるというのだ。
◆ロイター: トップニュース◆

コラム:日米金利差拡大で円安再始動は本当か=亀岡裕次氏
 [東京 24日] - 「2017年は、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを進めていく中で日米金利差が拡大し、ドル円が上昇」というシナリオが、円安派の主張で目立つが、これは実現するのだろうか。ここでは、その実現性について考えてみたい。
◆ロイター: トップニュース◆

パク前大統領の逮捕状を請求 韓国検察
 韓国の検察は長年の知人らをめぐる一連の事件で事情聴取を行ったパク・クネ(朴槿恵)前大統領について、「強大な大統領の地位と権限を利用した事件は極めて重大で、証拠を隠滅するおそれもある」などとして、27日午前、裁判所に逮捕状を請求しました。今後、裁判所が逮捕状を出すかどうか判断することになります。
◆NHKニュース◆

別の場所で殺害され遺棄か 千葉のベトナム国籍女児
 26日、千葉県我孫子市で小学3年生の女の子が遺体で見つかった事件で、警察のその後の調べで、現場の草むらでは争ったような形跡が見られないことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は、女の子が別の場所で殺害され、人目につきにくい場所に遺棄された疑いもあると見て、目撃情報などを捜査しています。
◆NHKニュース◆

グーグル、「Hangouts」を企業向けにアップデート--「Google Talk」など終了へ
 グーグルが、企業ユーザーを想定した「Hangouts」のアップデートを発表した。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

税申告にからむ詐欺が米で横行、年間5億ドル被害--T-Mobileが対策
 米国で税申告にからめた詐欺が増えるこの時期、米大手通信事業者のT-Mobileは、詐欺が疑われる番号からの着信時に警告するツールなどを導入した。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

チャットで不動産投資できる若年層向けアプリ「Renosy(投資版)」
 GA technologiesは年3月27日、1部屋単位で中古マンションに投資できる若年層向けの不動産投資アプリ「Renosy(投資版)」をiPhone向けに公開した。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

アマゾンの「Prime Air」、米国で初めてドローン配達の公開実験に成功
 アマゾンは米国時間3月23日、ドローン配送サービス「Amazon Prime Air」について、公共の場所での配達を先週初めて行ったことを明らかにした。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

逆転優勝の稀勢の里 「一生の思い出になる場所」
 大相撲春場所で、けがを押して出場し劇的な逆転優勝を果たした横綱・稀勢の里が千秋楽から一夜明けて会見し、「一生の思い出になる場所だった」と喜びを語りました。
◆NHKニュース◆

Linuxでの「OneDrive」のパフォーマンス問題、MSが対応報告--「意図的ではない」
 マイクロソフトは、Linux上での「OneDrive」の動作速度が他のプラットフォームに比べて遅いという問題を解決した。Linux上でのみ発生していたこの問題について「意図的ではない」点を強調している。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

Uber、性差別は「IT業界の体質」--採用を断った女性に失言
 Uberは女性従業員の雇用に苦戦しているようだ。ある女性ソフトウェアエンジニアを雇用しようとしたが、同社が抱える複数の問題を理由に入社を拒否されたという。The Guardianが報じている。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

「AIが雇用の脅威になるのは50~100年先」:米財務長官
 ムニューシン米財務長官は、人口知能(AI)が米国人の雇用にとって真の脅威になるのはあと50年から100年はかかるだろうと語った。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

旅行会社てるみくらぶ 破産手続きの開始決定
 利用客から航空券が発券できないという苦情が相次いでいた、東京の旅行会社、てるみくらぶは資金繰りが悪化し、営業の継続が難しくなったとして、27日に東京地方裁判所から破産手続きの開始決定を受けました。会社は、利用客がすでに支払ったツアー代金などの返還について、今後、業界団体の日本旅行業協会などと協議したうえで進めるとしています。
◆NHKニュース◆

高級ホテル予約「Relux」が韓国に本格進出
 高級ホテル・旅館の宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」を運営するLoco Partnersは3月27日、3月より韓国市場に本格進出すると発表した。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

Twitter、プロフェッショナル向けの有料サービスを検討か
 Twitterは米国時間3月23日、プロフェッショナルを対象とした、同社のソーシャルネットワークのプレミアム版を提供する可能性について検討していると述べたという。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

Instagram、2段階認証を追加--慎重な取り扱いを要するコンテンツ用のフィルタ機能も
 Instagramが、セキュリティ機能を強化した。2段階認証を全ユーザーを対象に利用可能にしたほか、慎重な取り扱いを要するコンテンツ用のフィルタを追加した。
◆CNET Japan 最新情報 総合◆

ロンドン飲食業に不安充満 コスト高・増税…「複合災害の予感」
  ロンドンのレストラン業界の将来は不安に満ちている。ポンド安による食品価格の高騰をはじめ、税金の引き上げ、英国の欧州連合(EU)離脱「ブレグジット」など枚挙にいとまがない。「2017年はレストラン業界で複合災害が起こりそうな悪い予感がする」と、人気イタリア料理チェーン「ポルポ」の共同経営者であるラッセル・ノーマン氏は語る。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

【高論卓説】「技術の東芝」、暗転の伏線 原子力事業に傾斜が落とし穴
  JR川崎駅(川崎市)に隣接した、再開発ビルの中に「東芝未来科学館」はある。東芝の歴史を振り返りながら電気や半導体、エネルギーなどの分野について学べる展示が並んでいる。3月の連休とあって、親子連れの入場者であふれんばかりだった。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

赤字解消が進まない地方路線… IT出身の公募社長が攻めの姿勢、企画次々打ち出し盛況
  国鉄が分割・民営化し、JR7社が発足して4月1日で30年となる。各社は多くの事故や災害を経験しながら安全対策を強化する一方、経営多角化やサービス向上による収益改善に取り組んできた。高い技術を背景に海外進出も視野に入れる一方で、地方路線の赤字解消は進まず、利用者が減少する中でどう路線を維持するか厳しい戦いが続いている。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

【被災地へ 石油列車】「そういう問題じゃない」更迭におわす国交省に怒り JR貨物社長の決意
  東日本震災発生から数日後の早朝、JR貨物の小林正明社長(現特別顧問)の電話が鳴った。相手は国土交通省鉄道局の幹部。「官邸の緊急災害対策本部で被災地の石油不足が議題になっている。被災程度の軽い線路をつないでいけば、石油が運べるんじゃないかという提案もある。検討してくれないか」。断片的な情報しかない中、要請に小林社長は「即答はできません。少し時間をください」と返答した。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

金融庁が全銀協に異例通知、マイナンバー未提出でも「柔軟対応を」 手続き断られる顧客相次ぐ
  マイナンバー未提出の顧客に対して、銀行が住所変更などの手続きを断るケースが相次いでいるとして、金融庁が業界側に「柔軟な対応」を求める異例の通知を出していたことが26日までに分かった。提出は法令上義務化されているが、罰則はないため、制度のグレーゾーンが浮き彫りとなっている。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

【試乗インプレ】5年経っても売れ続けるにはちゃんとワケがある ホンダ・N-BOX(後編)
  3月現在、プリウスやノートといった強敵を退け、3カ月連続で新車販売ランキングの首位を快走するホンダの軽トールワゴン「N-BOX」。2011年12月のデビューから5年以上が経過した今でも安定した販売ペースを誇る“国民的軽自動車”だが、競合車種が多い中でこれだけ人気が長続きする理由は何だろうか。前回は走行性能を試したが、後編では内外装を中心にこのクルマの魅力を分析する。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

“マツダ地獄”から“マツダ天国”へ 悪夢の輪廻断ち切った「CX-5」
  「マツダ地獄」という言葉がある。一度マツダ車を買うと、数年後に買い換えようとしたとき、下取り価格が安く、無理して高く下取りしてくれるマツダでしか買い換えられなくなる。その結果、他社のクルマに乗り換えできなくなることを表した言葉だ。発想の原点は「無間地獄」だろう。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

ユニクロ社員は英語ペラペラになったのか 社内公用語化から丸5年、「困っています」の声も
  そもそも日本企業にも関わらず、なぜ英語を社内公用語にするのでしょうか? それは、海外展開に積極的であること、そして各国での現地スタッフとのコミュニケーションを重視しているなどの理由が挙げられます。
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆

社会に出た途端“転落した”高学歴者の苦悩 格下のはずの同僚に仕事で勝てない訳
 
◆注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト◆


Produced by mezza9