Webマガジン ブログ情報

Home About

ツッコミどころ満載「スマホde鼻毛カッター」爆誕! 買う気はしないけど勇気は認める!!

社会人たるもの常に身だしなみには気を付けていたいもの。いわゆる “TPO” というヤツだ。例えばもし “鼻毛” …

◆ロケットニュース24◆

「こんな発想はなかった…」中国の住宅地にできたプールが斬新すぎると注目を集める

急速な経済発展を遂げた中国では、次々に住居が建設されています。 とある住宅地では、エリア一帯にユニークなプールが備え付けられているとのこと。 どんなプールなのかご覧ください。

◆らばQ◆

弾道ミサイル警報が誤報だとわかるとアダルトサイトのトラフィックは急増する

人気アダルトサイトのPornhubがハワイで起こった弾道ミサイル警報の誤報前後のトラフィック情報を公開しました。非常に興味深い内容が示されています。...

◆GIGAZINE◆

ブラウザ上でWindows懐かしの「ペイント」風お絵かきが可能な「JS Paint」

Windowsにプリインストールされているお絵かきソフトとして長らく愛されてきた「ペイント(Microsoft Paint:MSペイント)」ですが、Windows 10 Fall Creators Updateで削除もしくは将来的なリリースでの削除を予定している非推奨機能のリストに追加されることとなりました。アプリケーション自体はWindows Storeから入手できるものの、多くのユーザーやメディアがお別れのイラストを公開し、ペイントとの決別を図っています。そんな中、デベロッパーのIsaiah Odhnerさんがインストール不要でブラウザ上からあの懐かしのインターフェースでペイントとよく似たお絵かきができるサービス「JS Paint」を公開しました。...

◆GIGAZINE◆

醤油ダレの絡んだサバの竜田揚げが丸ごと挟まれズッシリ重い「ドムフィッシュバーガー 鯖タツタ」をドムドムバーガーで食べてみた

2018年1月15日(月)よりドムドムハンバーガーから、季節ごとに使用される魚が変わる「フィッシュバーガー」の第1弾として「ドムフィッシュバーガー 鯖タツタ」が登場しています。フィッシュバーガーというとタラのような柔らかい魚を揚げるイメージですが、ドムドムでは生姜風味の醤油ダレに漬け込んだ鯖をカラッと香ばしく竜田揚げにしたとのことで、見た目にもインパクトがあるバーガーがどんな味になっているのか、早速食べて確かめてきました。...

◆GIGAZINE◆

ロヒンギャ人道危機を理解するために必要な視座 / 倉橋功二郎 / 参加型プロジェクトマネジメント - SYNODOS

はじめに2017年12月に国境なき医師団が発表した推定値によると、最低でも6,700人のロヒンギャの人々が、ミャンマー・ラカイン州北部において2017年8月25日以降に殺害されている(注1)。この数値はミャンマーを逃れ、国境を超え、バングラデシュまでたどり着いた人々の証言をもとに算出したものであるため、国境を越えずに亡くなった人たちも考慮した場合、実際の数値はさらに増加するだろう。(注1)Méde...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

【鼻血ブー】グラビアアイドルと銭湯に入ってきた / そして都丸紗也華ちゃんに恋した話

やあ、みんな! 突然だけど銭湯って最高だよな? 大きな湯舟と高い天井、とことん開放的な空間は「現代のリアルオア …

◆ロケットニュース24◆

他人事ではないアメリカ企業の雄、GEの苦境 - ヒロ

アメリカ人に知っている会社を10社上げよ、といえば必ず入るであろう会社の一つがゼネラル エレクトリック(GE)でしょう。日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、アメリカ人の家庭にはGEの製品が必ず一つや二つあると言われています。では何の会社かといえば航空機エンジン、医療機器、原発や発電、家庭用電化製品、更に金融もあるコングロマリットであり、アメリカのダウ指標が1896年にできてから一度も外れた...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

暴露本『炎と怒り』著者はどうやってホワイトハウスに食い込んだか - 新潮社フォーサイト

目が覚めたら零下15度という100年ぶりの超大寒波に襲われたニューヨークの新年がマイケル・ウォルフの新刊『炎と怒り』(原題『Fire and Fury』)の評判で持ちきりになったことは、日本でもしっかり報道されたらしい。「トランプ政権の内幕」 発売日の1週間前、雑誌に抜粋が掲載されただけで、これだけ巨大な反応を呼び起こした本など、前代未聞である。「トランプ政権の内幕」と副題のついた「暴露本」である...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

【定番がイイ!】そば肉玉を麺トリプルで満腹度MAX!! 広島駅改札から1分の超人気店『みっちゃん総本店』

広島のご当地グルメと言えば、当然「お好み焼き」だ。行列のできる人気店も多く、戦後に生まれた庶民的料理は、今では …

◆ロケットニュース24◆

世界で初めてドローンがおぼれている人の救助に成功

波にさらわれた二人の若者の命をドローンが救うという出来事が、オーストラリアで起こりました。ドローンは通常の救助員が泳いで救助に向かうよりも格段に早く現場に到達することに成功しており、知られている限りでは世界で初めての「ドローンによる水難救助」が実現されています。...

◆GIGAZINE◆

チョコ好き大歓喜! 日本最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」が今年も開催 - dressing

Summary1.日本最大級のチョコレートのイベント「サロン・デュ・ショコラ」が今年も開催2.今年は事前に「時間帯別入場チケット」を購入してスムーズに入場できる3.大人気パティスリーのチョコから限定ボックス、イベント限定の食べ歩きスイーツまで、絶品チョコレートが勢ぞろいチョコ好き大歓喜! 日本最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」が今年も開催バレンタインまであと約1カ月。街中にはさま...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

差別を乗り越えていくための、ビジョン - 岩田健太郎

もうこの話はいい加減やめとこうと思っていたが、まだ引っ張るメディアがあるので。エイズは1981年に米国で発見された病気だが、当時の米国は大パニックに陥ったという。ぼくは2001年9月11日にはニューヨークの病院で仕事をしていたから、その後のパニックと無意味なイラク戦争への突入の空気を肌で知っている。米国人は案外パニックに弱い(日本同様に)。81年当時もえらい騒ぎであったであろうことは容易に想像でき...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

iOS・macOSでURLを開くとOSがクラッシュする「chaiOS」バグにAppleが対応を表明

URLをブラウザで開くだけでiPhoneやMacをフリーズさせてしまうという「chaiOS」バグについて、Appleが週明けにも修正を行う予定であることがわかりました。...

◆GIGAZINE◆

『カリオストロの城』を10倍楽しめる見どころ9選!「ゴート文字は実在する」「冒頭に五ェ門がいる」

国民的泥棒・ルパン三世。ハードボイルドかつユニークな唯一無二のキャラクターに、アニメは見ないがルパンシリーズは …

◆ロケットニュース24◆

遺体が粉々になり原型とどめず…金正恩氏の「劇団員虐殺」事件 - 高英起

銀河水管弦楽団で歌手として活躍した李雪主(リ・ソルチュ)氏北朝鮮女性アイドルの波乱の運命(2)北朝鮮の金正恩党委員長の妻は、銀河水(ウナス)管弦楽団の歌姫だった李雪主(リ・ソルチュ)氏だ。彼女が所属していた時期、銀河水管弦楽団は頻繁に公演を行い、楽団員が勲章を受けるなど、華々しい活躍ぶりを見せた。(参考記事:北朝鮮独裁者と「美人歌手」たちの秘められた愛)しかし、楽団をある悲劇が襲い、文字通り「血の...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

冬野菜 高値続く - 小宮山洋子

天候不良の影響で、葉物を中心に冬の野菜の価格高騰が続いています。新鮮な野菜が豊富な軽井沢でも、スーパーなどで、レタスやキャベツなどが通常の2倍以上の価格になっていて、しかもレタスなどの巻きが小さく分量も少なくなっています。軽井沢に住んでから、特に野菜中心の食事になっているので、困っています。昨日17日、農林水産省が発表した今月8~10日の野菜の小売価格(全国平均、1キロあたり)は、白菜が平年の2....全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

ペットボトルがあればいつでもどこでもおしっこ可能な男性用携帯トイレ「Car Pool」

「おしっこを漏らす」と聞くと「そんなことをするのは小さい子どもだけ」と言う人がいるかもしれませんが、「おしっこを漏らす」というのは身近な緊急事態です。20代男性の約85%がちょっとした尿漏れを経験しており、おしっこを予知する機械には6.2億円の出資が集まるぐらいなので多くの人は経験と関心があるはず。もしも、イベントや移動中、トイレが混雑していてトイレが使えない時は年齢に関わらずにどんな人でも「このままでは漏れてしまう!」と思うはず。そんな緊急事態を解決できる男性向け携帯トイレが「Car Pool」で、ペットボトルなど密閉性のある容器におしっこをして緊急事態を回避できます。...

◆GIGAZINE◆

子育て当事者「排除」の有識者会議は、幼児教育無償化を語れるのか - 駒崎弘樹

認可外保育所ユーザーだった、フローレンスの駒崎です。すでに収入に応じた保育料である関わらず、数千億円かけて保育園・幼稚園を無償化する「幼児教育無償化」。 当事者からも「待機児童がいるのに、何を言ってるんだ」「無償化よりも全入化だろ」と反発され、当初、無償化の対象範囲を「認可のみ」としていたところを「認可外を含めて」と方針展開。有識者会議でどの認可外保育所まで入れるのか、対象範囲を夏までに決めてもら...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

【ほぼ気絶】4万7000人待ちの超人気ヘッドスパ「寝落ちタイムマシン」を体験してきた!『悟空のきもち 原宿神宮店』

これだけ科学が発展した現代において、一向に実現の気配がないメカがある。タイムマシンである。古来よりの人類の夢で …

◆ロケットニュース24◆

脳タイプに合わせて日々の生活を記録・評価し生活を豊かに改善できるシステム手帳「EVO Planner」

「EVO Planner」は、事前に診断した自身の脳タイプに合わせて使用するシステム手帳です。目標を立てて、1日の進捗を記録すると、アプリを使って進捗管理も行えるとのこと。しかも、自身の脳タイプに合った目標が立てられるので、達成の難しい目標を立てる心配がなく、成功体験をたくさん引き出すことができ、モチベーションアップにもつながるとのこと。...

◆GIGAZINE◆

焦点:半導体ブーム終焉か、メモリ―価格下落で市場は戦々恐々 - ロイター

[ソウル 15日 ロイター] - 足元で一部のフラッシュメモリー価格が突然下落したことなどから、半導体メモリーの好況が少なくともあと1年は続くと見込んでいた投資家を不安に陥れている。半導体メモリー市場は2016年半ば以降空前の好調が続いてきた。より多くのデータを蓄積できる強力な半導体を必要とするスマートフォンやクラウドサービスの需要が力強い成長を続けたおかげで、昨年だけで70%近く市場が拡大。供給...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

A.I.使えばなんでも解決するかのような論調 - 町村泰貴

夢を語るのならいいが、最近はAIといえばもうなんでもできることを前提にして論じる人が目につく。例えば裁判にAIを導入することが必要だとする「早急にAI活用を!技術裁判に苦しむ裁判官」という記事など、その典型だ。この記事では、建築関係の訴訟(これはいわゆる専門訴訟として、医療事故と並んで特別扱いされている)について、技術に素人の裁判官が、しかも常時200件以上の事件を抱えつつ、多様な専門分野の多様な...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

アパート建設に急ブレーキ、増えすぎたアパートは一種の時限爆弾に - THE PAGE

相続税対策などから需要をはるかに超えるペースで増加していたアパート建設に急ブレーキがかかっています。数年後には空き家の問題がかなり深刻になり、一部の物件が不良債権化する可能性も出てきました。 貸家建設は6カ月連続でマイナスイメージ写真ペイレスイメージズ/アフロ 国土交通省が発表した11月の住宅着工の動向によると、貸家(主にアパート)の建設は前年同月比で2....全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

「クレイジージャーニー」で頭角を現した爬虫類専門家・加藤英明はテレビ界の逸材 - 松田健次

2018年、笑いのジャンルから今年注目する誰かをひとり・・・と思い巡らし、ブレイク芸人輩出枠として注目される元旦深夜「ぐるナイおもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP」(日本テレビ)で優勝した「キレイだ」のレインボーが、この先、日テレ各番組を回ってどうなっていくのかを気にしつつ、父娘コンビの完熟フレッシュも気にしつつ、笑いのジャンルとは言えないが昨年から気になり続けているのが加藤英明...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

AIを実現する「ニューラルネットワーク」を自動的に構築することが可能なAIが出現

自動運転カーや音声認識、画像解析など、ディープラーニングにより実現されるAI(人工知能)は社会を大きく変えるコンピューター技術として大きく注目されています。その要となるのが、人間の脳の仕組みをコンピューター上で再現する「ニューラルネットワーク」で、通常は研究者やエンジニアなどの手によって開発されているのですが、アメリカ合衆国エネルギー省のオークリッジ国立研究所(Oak Ridge National Laboratory:ORNL)はAIがニューラルネットワークを自動的に生成するアルゴリズムの開発に成功しています。...

◆GIGAZINE◆

人気上昇中の観光都市『世界ランキング』1位は石垣市! 在住男性に話を聞くと衝撃の事実発覚!! 「ドンキができるぞ~」

2018年もまだ年が明けたばかり。今年のゴールデンウィークの旅行計画をぼんやり考えている人もいるかもしれない。 …

◆ロケットニュース24◆

映画「未知との遭遇」に登場した人工言語と似た仕組みで音階を使用する「ソルレソル」とは?

文化的背景を持って自然に発展し、現在でも国家や民族によって用いられている自然言語とは違い、特定の個人や団体によって語彙・文法などが定められて作られた言語のことを人工言語と呼びます。人工言語として有名なものには1887年に発表されて世界的にも認知されているエスペラント語や、J・R・R・トールキンが「ホビットの冒険」「指輪物語」などの作中に登場させたアルダの言語、そしてスティーヴン・スピルバーグ監督の映画「未知との遭遇」に登場した人工言語と似た仕組みを持つ「ソルレソル」があります。...

◆GIGAZINE◆

「幸せな音楽」を聴くと創造的な思考力が高まる可能性

作業に集中したいときに音楽を聴くという習慣がある人は多いものですが、音楽が「創造的な」思考能力に及ぼす影響を調べた実験から、「幸せな音楽」が効果的である可能性が指摘されています。...

◆GIGAZINE◆

パンダを堪能しまくれる映画『PANDAS』が予告編だけでもカワイさダダ漏れ~!

世界中で大人気のパンダ。特にぬいぐるみのような赤ちゃんパンダは、本当に愛くるしさが炸裂している。 そんなパンダ …

◆ロケットニュース24◆

スティーヴン・スピルバーグが映画「ミュンヘン」で行ったサウンドデザインとは一体どんな演出なのか?

映画に緊張感を持たせる手法にはカメラワークやテンポの工夫がありますが、最も重要な手法の1つがサウンドデザインです。映画の演出というとどうしても映像面ばかりに目を向けがちですが、音響が働きかけることでより効果的な演出ができるということを、スティーヴン・スピルバーグが製作・監督を務めた映画「ミュンヘン」を例にしながら解説するのが以下のムービーです。...

◆GIGAZINE◆

【4コマ】トランプマン登場!

漫画:桃吐マキル 前の話へ|最新話から

◆ロケットニュース24◆

「うちの犬は…絶対中に人が入ってる!」(動画)

ソファに腰かけ、窓の外をぼーっと眺めている中年男性 ……かと思ったら、その正体は犬でした。 動画をご覧ください。

◆らばQ◆

どんな崖でも登る「ヤギ」がスペインの岩山で動けずにいた理由

天性のロッククライマーであるヤギは、垂直の崖だろうと大木の上だろうと、すいすいと登ってしまいます。 ところがスペインでハイキングしていた人物は、若いヤギが岩山で身動きがとれずにいるのを見かけたのだとか。 なぜならば……。

◆らばQ◆

あなたの価値は◯億円!?「自分に似ている歴史的絵画」を探してくれるアプリが海外で人気沸騰中!

「世界には自分に似ている人が3人いる」とは、よく言われることである。自分に似ている有名人を探せるアプリやウェブ …

◆ロケットニュース24◆

刺繍のプロ「羽が欠けた蝶に別の羽を移植してみたら…」→元気に飛んで行く

こちらは北中米に生息する「オオカバマダラ」という蝶で、渡り鳥のように長い距離を移動することで知られています。 写真の個体は、右側の羽が大きく欠損した状態で羽化したそうで、このままではすぐに死んでしまうのは明白です。 発見者のロミー・マクロスキーさんは、数...

◆らばQ◆

まさにおそロシア! ドライブレコーダーの記録を集めたドキュメンタリー映画『THE ROAD MOVIE』がマジ狂気

数ある国のなかで最大の領土面積を誇るロシア。世界一長いシベリア鉄道があることで有名だが、やはり移動手段として欠 …

◆ロケットニュース24◆

人間の男にウンザリした海外女性が「海賊の幽霊」と結婚! ちゃんと霊にプロポーズされたらしい

愛の形が様々なら結婚の形も一つではなく、自分と結婚するソロガミーや物体と結婚する対物性愛者もいる。 そして、こ …

◆ロケットニュース24◆

【キレッキレ】登美丘高校ダンス部がハリウッド映画とコラボ! バブリーダンスとは全く違った世界観を制服姿で披露

バブリーダンスで一躍脚光を浴びた大阪府立登美丘高等学校ダンス部。バブルの神曲に合わせて踊る彼女たちのダンスを覚 …

◆ロケットニュース24◆

「犬がみんな雪ではしゃぐと思ったら大間違いだよ?」と顔で語る犬

雪が降ると、犬は外を駆け回り、猫はこたつで丸くなる……、そんな印象があるかと思います。 しかし、すべての犬が雪で遊びたがると思ったら大きな間違いです。 その主張を「顔」で物語っている犬をご覧ください。

◆らばQ◆

毛づくろいしようする猫…とても残念な結果に終わる(動画)

猫の日課といえば「毛づくろい」ですが、すべての猫が上手にできるとは限らないようです。 毛づくろいに苦戦する、キュートな猫をご覧ください。

◆らばQ◆

うっかり口紅を手に入れてしまった犬たち…真っ赤に染まった例いろいろ

犬は飼い主の「におい」がついたものを好みます。 化粧品も例外ではないので、口紅を手に入れてしまうと大変なことになります。 真っ赤に染まってしまった愛犬たちの姿をご覧ください。

◆らばQ◆

「もし足元の氷が割れて落ちたら、どうやって自力で這い上がればいい?」命を救うライフハック

凍り付いた河川や湖などの上を歩くと、氷が薄くて割れ、冷たい水の中にはまってしまう危険があります。 周囲の人が救助しようにも二重遭難のリスクがあり、誰もいなければ一刻も早く自力で這い上がる以外に命はありません。 では、氷が割れた落ちてしまった水の中からどう...

◆らばQ◆

「引っ越しの荷造り前に、レゴのコレクションを見せるよ…」圧巻としか言いようのない部屋の写真

引っ越しは荷造りが大変ですが、特にコレクションや趣味ものが多いと、手間は飛躍的に増えます。 自慢のレゴのコレクションを所有しているという海外の人物が、引っ越しの荷造り前に記念撮影をしたそうです。 趣味の部屋をご覧ください。

◆らばQ◆

馬「お外!お外!」→あまりの寒さに後悔する(動画)

世界各地に記録的な寒波が襲来しています。 寒さに参っているのは人間だけではないようで……。 馬のめずらしい行動をご覧ください。

◆らばQ◆

制作陣を「プラネットアース」の続編へと駆り立てたのは、カメラと撮影技術の著しい進化だった

「プラネットアース」の続編はつくらない。そう考えたいたBBCの制作チームを「プラネットアース II」の制作へと駆り立てたのは、「生き物の目線」から大自然をとらえることを可能にした新しいテクノロジーの数々だった。

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

中世の奇才ヒエロニムス・ボス──その狂気に満ちた絵画がフィギュアでよみがえる

中世の画家ヒエロニムス・ボスの空想的で神秘的な世界がアクションフィギュアになった。その狂気に満ちた世界観をフィギュアとして立体的に再現すると、いったいどうなるのか。実際に購入もできる驚きの逸品を紹介しよう。

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

インテリアになる「隠さない」突っ張り棒──老舗メーカーによる新提案「DRAW A LINE」

クローゼットや洗面所などで使われることが多い、突っ張り棒。これをあえて「見せる収納」として使えるようにした商品が発売された。「DRAW A LINE」はクリエイティブユニット「TENT」のデザインによって、突っ張り棒を“再定義”した。

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

まるでテトリス! ビジネスクラスにもっと乗客を詰め込む“賢い”やり方──新型シート「Optima」の秘密

航空デザインスタジオAcumenがデザインした、新しい座席システム「Optima」。まるでテトリスのような座席配置は、ビジネスクラスの快適さを保ちながらも、より多くの乗客を詰め込むことを可能にした。

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

プールで泳ぐホッキョクグマの姿から学ぶ、動物にとっての「自然」のあり方

世界各国どの動物園に行っても、ホッキョクグマのコーナーは少し変わっているようだ。クマたちは人工的な氷山に囲まれ、プールに入って水を浴びる。しかし、動物園生まれのクマにとってはそれが「自然」でもある。「自然な姿」とは一体何を指すのだろうか?

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

マイクロソフトが無名のスタートアップ「Deis」を買収した本当の理由

マイクロソフトが、オープンソースソフトウェアを手がける小さなスタートアップ・Deis(デイス)を買収する。この買収が示すのは、前途有望なクラウドサーヴィス市場でグーグルやアマゾンと闘っていくという、サティア・ナデラ率いる新生マイクロソフトの決意だった。

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

あなたを「紀元前3,000年のストーンヘンジ」にタイムトラヴェルさせるアプリ

巨大な石を円形に組んでつくられた謎の遺跡、ストーンヘンジ。英国の学者たちが、この遺跡の過去の姿を再現し、当時聞くことができたであろうサウンドスケープ(音風景)を再現するアプリをつくった。

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

カナダで激化するAI研究者の争奪戦──グーグルがトロントに2つ目の研究施設

米国の大手テック企業がAI研究に関してカナダへの投資を続けている。グーグルはモントリオールに続いて、トロントにもAI研究施設を開設。研究者の争奪戦も過熱しており、カナダがディープラーニングの中心地となりつつあるようだ。

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

データで浮かび上がる、あなたが知らない富士山:「3,776: the digital anatomy ~富士山の解剖学~」東京ミッドタウンにて5/28まで開催中

2013年に世界文化遺産に登録され、世界からも多くの観光客がつめかけるようになった富士山。科学的な側面からみると、この山は100年近く、大気・地殻・水・動植物という観点から研究がなされてきた場所でもある。Rhizomatiks Architectureが企画したインスタレーション「3,776: the digital anatomy ~富士山の解剖学~」は、古今の研究データをヴィジュアライズし、知られざる富士山像を浮かび上がらせる試みである。

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

筋肉を「ハック」する! VR空間で触感を再現する研究が進行中

独大学のとある研究チームが進めているのは、「VR(仮想現実)にふれる」ためのデヴァイス開発だ。現時点のプロトタイプでは、理学療法と同じように微量の電気ショックを媒介とすることで、壁に触れ、ボタンを押し、物体をつかむことが可能となるという。

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

近代化のシンボルとしていまなお存在感を放つ、ニューデリーの「給水塔」16

かつては近代化の象徴として各家庭に水を運んでいた「給水塔」。いまや日本でその姿を見られる機会は少なくなりつつあるが、それはニューデリーにおいても同じことらしい。各地域に合わせたデザインによってつくられた、魅力的なニューデリーの給水塔をご紹介しよう。

◆WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp◆

© mezza9