Webマガジン ブログ情報

Home About

地方銀行の行方は - 川北英隆

かつて地域の殿様だった地方銀行が揺れている。その象徴が「スルガ銀行」騒動だろう。金融庁に地方銀行のお手本と褒めちぎられていたに等しかった。なのに、地獄に堕ちた。「スルガ銀行って、そんなんあるんか」と思うのが、東京圏と静岡県は別にして、日本人のこれまでの認識ではなかったのか。新聞の一面を騒がすようになって初めて、その名を知ったのも多いに違いない。スルガ銀行は、他の地銀を尻目に貸出を伸ばし、利益を伸ば...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

ケニアから革新を生む「シリコン・サヴァンナ」と、そのシリコンヴァレー的な日常

ケニアという国のイメージとして、貧困や戦争、病気などを思い浮かべる人もいるだろう。しかし、首都ナイロビ近郊は様変わりし、いまでは「シリコン・サヴァンナ」と呼ばれるようになっている。そこで見られる起業家やエンジニアたちの日常風景は、どこかの西海岸で見たことがあるような景色を彷彿とさせる。

◆WIRED.jp◆

仏、「貧困の連鎖」断ち切れるか - NEXT MEDIA "Japan In-depth"

Ulala(ライター・ブロガー)【まとめ】・マクロン大統領、貧困改善に向け4年間で80億ユーロ(約1兆円)投じると発表。・仏の貧困の連鎖は深刻。・仏政権、教育プログラム対象を社会に出る前の若者に広げる意向。【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ記載されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://ja...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

橋本健元神戸市議 裁判傍聴 求刑1年6ヵ月 - 丸尾牧

今井絵理子さんとの話で注目を集めた結果、政務活動費の不正使用がマスコミに見つかり、市議を辞職することになった橋本健元神戸市議の刑事事件の裁判が、今日行われました。 今日の検察及び橋本さんの話では、2010年度から政務活動費の不正が始まりました。その動機は、神戸市議会自民党議員団に払う団費年24万円を自費で払うのがもったいなく、先輩議員から政務活動費は使い切らないといけないと言われていたからとのこと...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

質か価格か シンガポール和食事情 - NEXT MEDIA "Japan In-depth"

坪井安奈(タレント・編集者・プロモーター)【まとめ】・和食はシンガポールでもブームを超え、日常に溶け込んでいる。・和食が広まった背景には「外食文化」がある。・安さか、質か。今後、二極化がキーワード 【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て見ることができません。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=42106で...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

日本初の40代総理大臣を目指すわたし、ついにアラフォー突入で35歳になる【誕生日雑談】 - おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。本日9月21日は、安倍晋三内閣総理大臣とわたくし音喜多の誕生日であります!29歳で議員に初当選し、若い若いと言われてきた私もついに35歳。四捨五入すれば40歳の、立派な「アラフォー男性」に突入したわけであります。世間一般の定義でいえば、十分にオッサry34歳の1年間は、選挙が終わった直後ということで少しは落ち着いた1年になるのかな?と思いきや、例...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

3年たっても進歩がなかった由伸・巨人<日本野球よ、それは間違っている!> - 広岡 達朗 - 幻冬舎plus

巨人のセ・リーグ優勝が消えた。高橋由伸監督の就任以来3年連続、原辰徳監督時代から数えると4年連続のV逸である。 私は予想屋でも予言者でもない。つねに野球の本質を見ているので、勝った負けたの表面的な結果を追うスポーツマスコミとは意見が違うことが多い。 開幕前、この連載で「今年も巨人は勝てないだろう」と書いた。理由は巨人のキャンプに、広島はもちろん他のどのチームより気迫と真剣味がなかったからだ。 キャ...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

逮捕者続出ナンパ塾、マニュアルの荒唐無稽な中身を公開 - NEWSポストセブン

「お腹がすいたら食べ物を食べる。好みの女がいたらナンパをする」そんなせりふを恥ずかしげも無く吐く男がお縄となった。 9月10日、警視庁新宿署はナンパ講座「リアルナンパアカデミー(RNA)」の塾長で会社役員の渡部泰介容疑者(42才)を準強制性交等の容疑で逮捕した。昨年11月、ナンパした20代女性を酒に酔わせ抵抗できない状態にして、東京・歌舞伎町のホテルで塾生と2人がかりで乱暴した疑いだ。 RNAの塾...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

【Amazon Echo】、音声ショッピングの成長を支える大型画面の第2世代エコーショー発表! - 後藤文俊

■調査会社のデロイトによると、年末商戦を含む11月~1月期のオンライン売上は前年同期比で17~21%の増加となる。今年の年末商戦もEコマースが小売を牽引するのだ。別の調査では、1ヶ月で1回以上ネットショッピングする人は66%となっている。調査会社のアドタクシーでは、リアル店舗での買い物よりネットショッピングでの支出が高いとした人の割合が52%だったとの発表だ。 一方で音声ショッピングはどうだろうか...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

「玄関に顔認証システムを導入すると…こんな罠がある!」拒否された理由がこちら

最新のスマートフォンにも搭載されている顔認証システム。 自宅の玄関のオートロックを通過しようとしたところ、その日だけなぜか顔認証システムに拒否されてしまった人物がいました。 不思議に思ってカメラを確認してみたところ……意外な理由が発覚したのです。

◆らばQ◆

観光客の呼び込みは良いことだけとは限らない - 赤木智弘

9月6日に北海道胆振地方中東部発生した最大震度7の大地震。地震の直接的な被害はもちろん北海道全戸の停電など、様々な困難が発生した。そうしたことから、北海道の観光地では予約のキャンセルなどが相次いでおり、観光業に大打撃を与えてしまっている。今回、北海道の高橋はるみ知事は北海道民に対しては「過度に萎縮せずに普段どおりの生活を」と、道外や外国の人たちに向けては「北海道の大部分の地域では、観光客の受け入れ...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

【神回の予感】今夜放送の「情熱大陸」にあのスーパーボランティア『尾畠春夫』さんが登場します

2018年8月、山口県周防大島町で行方不明となっていた2歳男児を発見し、一躍時の人となった『尾畠春夫(おばた …

◆ロケットニュース24◆

おっしゃれー! 細口の電気ケトルがデロンギからも登場

デザインよし、使い勝手よしの細口タイプの電気ケトル。コーヒー製品で有名なデロンギの新型ケトルも、シャレオツな細口タイプでコーヒータイムがはかどりそうです。

◆ギズモード・ジャパン◆

泉谷しげるが福島復興支援で福島県産食材使用で駅弁プロデュース - 文化通信特報版

シンガーソングライターで俳優の泉谷しげる(70)が、福島県の復興をテーマにした特製の「泉谷しげる福島応援駅弁」をプロデュースすることになった。ウリは、福島県産の食材ばかりを使ったスペシャル駅弁であること。今年は西日本豪雨災害や大型台風、さらには大阪、北海道での地震など災害に見舞われているが、泉谷は「まずは福島から元気にしていく」と意欲を見せている。東日本大震災から7年という歳月が経ったが、いまだに...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

私のツイッター発言に対する沖縄地元紙の偽情報批判に反論する - 遠山 清彦

改めて言う。玉城デニー氏が言う「沖縄一括交付金の創設は、自分が政府に直談判して実現にこぎつけた」は誇大宣伝である。沖縄地元紙(2018年9月21日付、2面)のファクトチェックでは、沖縄一括交付金制度自体を「民主党政権下の2011年12月の沖縄関係予算案で初めて創設された」とし、当時総理補佐官、総務大臣政務官であった逢坂誠二衆議院議員のツイートを引用して、私のツイッターでの上記の発言を「偽」と断定し...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

千島列島の範囲の変更は許されないか――古谷経衡氏の2島返還論を読んで - 深沢明人

以前の記事で述べたように、「ダレスの恫喝」で4島返還論に転じたという古谷経衡氏の主張(古谷氏に限らず、同様の論者はしばしば見かけるが)は嘘であるが、ほかにもこの古谷氏の記事にはいくつか疑問がある。 その最大のものは、千島列島の範囲をめぐるわが国政府の解釈の変更をやたらと強調している点である。 古谷氏は概略次のように述べている。・1951年、サンフランシスコ条約で日本は千島列島を放棄した。この千島列...全文読む

◆BLOGOS - 最新記事◆

【Why?】総重量約800グラムのローストビーフ丼を「言い値」で食べられるお店に行ったら、想像したのと違うのが出てきた

私(佐藤)はこの仕事に就いてから、これまでに何度もデカ盛りに挑戦してきた。そのためか、体感として自分の食べられ …

◆ロケットニュース24◆

Nintendo Laboを段ボールじゃなくてレゴで作ってみる

レゴ使いで有名なYouTubeチャンネルのVimal PatelさんがNintendo Laboを段ボールの代わりにみんなが大好きなレゴ使っちゃったらどうよ? と実験しているんですが、正直、めっちゃいい感じです。

◆ギズモード・ジャパン◆

耐過重100kg。リュックが椅子になるってうれしいね

「座りたくても、椅子がない」というシーンは日常生活でよくあります。カバンとは別に椅子を持っていくのもアリですが、意外とスペースをとるし荷物になる…。ということで考え出されたのが、リッックと椅子を一体化したバックパックです。背中部分に椅子が内蔵されており、座りたいと思った瞬間に座ることができます。

◆ギズモード・ジャパン◆

Wikipediaの「性差による偏り」は、アルゴリズムが解決する

Wikipediaの編集者はほとんど男性であり、掲載される人物も男性に偏っていると指摘されている。こうした問題を解決するため、機械学習アルゴリズムによって掲載にふさわしい女性科学者を特定し、略歴を自動生成するツールが開発された。この人工知能による取り組みはすでに、さまざまな偏りが指摘されるWikipediaの世界に変化をもたらし始めている。

◆WIRED.jp◆

【裏ワザ】不動産のプロが教える「家賃・敷金・礼金・保証料金」を安くする方法 → 9月23日は「不動産の日」

本日9月23日は「不動産の日」である。これは1984年に「全国宅地建物取引業協会連合会」が制定したもので、秋は …

◆ロケットニュース24◆

フェラーリの工場に潜入、ほぼ手作業による生産工程のすべて(動画あり)

ほぼ手作業で行われているというフェラーリの生産。機械によって行われる唯一の工程では、通称「ロミオとジュリエット」と呼ばれる2台のロボットが密接に連携しながら作業をしていた。めったに見られない工場でフェラーリが完成するまでの工程を、動画と写真でお見せしよう。

◆WIRED.jp◆

ZOOMからVR用360度の音声を録音できるレコーダーが発売。なんかオブジェ感ない…?

360度動画が当たり前になった今、録画するカメラはいろんなものが出回っています。ですが映像は視覚だけにあらず。360度の視野が見られるとなれば、いろんな角度から聞こえてくる音も重要になってきます。そこで、ZOOMが360度の音源を録音するVR用レコーダー「H3-VR」をリリースしました。

◆ギズモード・ジャパン◆

結論からいえば、コスパ良し。北欧企業が開発した完全独立型イヤホン「True」はモバイルバッテリーにもなる

Photo:島津健吾イヤホンといい、モバイルバッテリーといい…。最近はスマホと持ち歩くものが増えて、少々ガジェットケースが窮屈になりつつあります。どっちも必要品なので手放すこともできないし、どうしようかな…と思っていたんですが、どうやら同じことを思っている人がいたようです。スウェーデンの新鋭オーディオ機器メーカー「Defunc」は、モバイルバッテリー機能付きの完全独立型イヤホン「True」を開発。

◆ギズモード・ジャパン◆

【野球動画】史上最強に美しい「バット投げ」がこちらになります

春から毎日のように開催されている野球だが、観戦するにもいろんな楽しみがある。肩、足、球速にホームラン……と注目 …

◆ロケットニュース24◆

【きょうのセール情報】Amazonで期間限定セールが開催中! 1,000円のUSBポート付きバックパックや63in1精密ドライバーセットがお買い得に

Amazon(アマゾン)では、期間限定セールが多数開催されています。執筆現在、人気の1,000円のUSBポート付きバックパックや 63in1 精密ドライバーセットがセールを開催中です。

◆ギズモード・ジャパン◆

暗闇から浮かび上がるモフモフ…猫、ダイナミックに登場する(動画)

柔軟性と瞬発力に長けている猫は、ときどき想像もできないような動きで飼い主さんを驚かせることがあります。 とある猫のダイナミックな登場シーンが動画サイトで人気を呼んでいました。 実際の動画をご覧ください。

◆らばQ◆

「クッキー型の製造方法がこんなにクールだと知ってた?」

クッキーづくりに欠かせないクッキー型。 英語ではクッキーカッター“Cookie cutter”と言いますが、このクッキー型の製造方法がクールだと海外掲示板で人気を呼んでいました。

◆らばQ◆

マーシャル諸島が独自の仮想通貨を導入する計画が白紙に。国際レベルで警鐘

国家レベルの仮想通貨でセキュリティを破られたりしたら、本当に国家が沈むレベルの惨劇になるかもしれないですもんね。ここは慎重に。

◆ギズモード・ジャパン◆

ここだけの話、シャリキンは『ポンジュース』と混ぜたらウマい

シャリシャリに凍らせたキンミヤ焼酎、通称「シャリキン」をご存じだろうか。酒そのものを凍らせることで、氷を必要と …

◆ロケットニュース24◆

「この……ほっぺたが『むっちり』した猫を見てよ!」人気を呼んでいた写真

ほっぺたが「むっちり」した猫が海外で人気者となっていました。 どんな風になっているのかご覧ください。

◆らばQ◆

ほかほかタオルの気持ち良さを再現ですと。Gilletteの最新カミソリは温まります

クラウドファンディングサイトIndiegogoでGilletteの研究開発チームが「数量限定プロダクト」としてローンチしたのが「The Heated Razor」です。そうです、名前から想像できるようにカミソリ本体から熱を出してヒゲを温めてくれるんです。

◆ギズモード・ジャパン◆

重量はなんと1kgまで!自由にカットして貼れる新感覚の両面テープ「Monkey Grip」

Image:machi-yaライフハッカー[日本版]より転載:釘を打てない壁に両面テープで貼りつけた絵やポスターを剥がすとき、あるいは、両面テープで床に固定したラグを模様替えするとき、両面テープがきれいにはがれず、こびりついてしまったことはありませんか? 姉妹サイト「machi-ya(マチヤ)」でキャンペーンが開始したばかりの、ゲルグリップテープ「MonkeyGrip(モンキーグリップ)」は、安心

◆ギズモード・ジャパン◆

【マジかよ】漬けマグロを再現した「こんにゃく」が売られていたので食べてみた! ついでに漬けマグロ丼も作った

その出会いは偶然だった。たまたま入ったスーパーをうろうろしていたら、唐突にマグロが売られていたのだ。え? ここ …

◆ロケットニュース24◆

火星の嵐でいまだ眠りつづけている探査機へ、NASAが懸命に信号を送り続ける理由

オポチュニティ、セルフィーとか送ってきたり可愛かったんですよね。動かなくなっちゃってからのNASAの愛情がひしひしと伝わってきます。

◆ギズモード・ジャパン◆

売り切れ続出! 世界初の純チタン製真空サーモボトル「Therma」がかっこよすぎる

Photo:島津健吾ライフハッカー[日本版]より転載:みなさん、水筒はお持ちですか?何気なく選んでいる水筒も実は保温性や軽さ、素材はさまざまなのですが、純チタンを使ったものは世界に存在していませんでした。現在machi-yaでクラウドファンディングに挑戦している真空サーモボトル「Therma(サーマ)」は、世界初の純チタン製。今回は実物をレンタルできたので、「Therma」の特徴についてご紹介しま

◆ギズモード・ジャパン◆

【コラム】10年以上前にUSJで見たミュージカルが半端じゃなかった話

なんでやねん! 大阪と聞けば、そんなツッコミがまず思いつく人は多いだろう。しかし、生粋の大阪人はそのツッコミを …

◆ロケットニュース24◆

フェイスブックが「ヘイトスピーチ」の定義で揺れている

「ホロコースト否定論はFacebookから削除しない」というマーク・ザッカーバーグの発言を皮切りに、ジャーナリストたちの間で議論が巻き起こった。FBと言論の自由をめぐるこの論争の中核にあるのは、「ヘイトスピーチ」に2種類の定義があるという問題だ。創業初期のフェイスブックでも活躍した起業家、アントニオ・ガルシア・マルティネスが考察する。

◆WIRED.jp◆

【Netflix】『ナルコス』シーズン4が今秋に配信開始!? 次はメキシコのカルテルの台頭が描かれるぞ

数ある配信サービスのなかでも、Netflixはコンテンツ量とオリジナルシリーズのクオリティーで群を抜いている。 …

◆ロケットニュース24◆

Twichが中国でブロックされる。原因はテレビの視聴率低下?

先月、中国にて利用者数が爆発的に増えたという、ゲームのライブストリーミング配信プラットフォーム「Twitch」。にもかかわらず……今はもう、アチラでブロックされてしまったんですって。

◆ギズモード・ジャパン◆

フィンランド人「やっぱり私たちはパーソナルスペースが大好きのようだ…」海外の反応

北欧の文化は、他人と物理的な距離を取りたがる……いわゆるパーソナルスペースを好むことで知られています。 特にフィンランド人は顕著のようで、海外サイトではよくネタとして扱われています。 「やっぱりわれわれフィンランド人は、パーソナルスペースが大好きなんだ」...

◆らばQ◆

幻の「塩カレー麺」を求めて堀切駅へ / 足立区『みゆき』

東京23区内でレトロな駅といえば、東武鉄道伊勢崎線の堀切駅がその1つだろう。金八先生のロケ地としても有名な同駅 …

◆ロケットニュース24◆

Airbnbが黒人社会に溶け込むための改革を「ゆっくりと」進めるのはなぜか

Airbnbに宿泊しようとするゲストが、有色人種であることを理由に差別的な対応を受けていたニュースは記憶に新しい。その後、Airbnbが「全米黒人地位向上協会」と提携し、人種差別の撤廃に向けた対策を進めると発表したときも、大きな話題になった。いま改革はゆっくりとしたペースで進んでいる。進捗が遅いことは、ビジネスを拡大してゆくために大切なことなのだという。

◆WIRED.jp◆

【1台3役】スマホの充電アダプタにもモバイルバッテリーにもなる「USB出力付のニッケル水素電池専用充電器」がマジ有能!!

エネループをはじめとする、充電式のニッケル水素電池。つい先日、そんなニッケル水素電池を充電するための充電器を新 …

◆ロケットニュース24◆

世界最大の「隠れた真実」をハックせよ: CREATIVE HACK AWARD 2018開催にあたり『WIRED』日本版編集長からのメッセージ

今年もCREATIVE HACK AWARDの募集が始まった。すでに日本のみならず海外からも、人々の固定観念や世界のあり方そのものをハックする作品が集まっている。そもそも「ハック」に期待するものは何か、『WIRED』日本版編集長・松島倫明が、改めて提示する。

◆WIRED.jp◆

EUの「著作権法改正」は、世界中のネットユーザーに大きな影響を及ぼす

9月12日に可決されたEU著作権指令の改正案。その改正案には、反対の声も多く上がっていた「アップロードフィルター」や「リンク税」も一部変更のうえ盛り込まれている。FacebookやTwitter、Instagramなどのプラットフォームに対応をせまるこの改正案は、EU外のユーザーにも大きな影響を与える可能性が高い。

◆WIRED.jp◆

SNS上の「不適切な画像や動画」はどうやって削除されているの? 時給1ドルで対応し続ける人々を描いたドキュメンタリー『THE CLEANERS』

Facebook などのSNSに虐待、暴力、ヘイトスピーチ、性的に際どい写真・動画などがアップされれば、すぐに …

◆ロケットニュース24◆

ロボットに変形しそうな「ISUZUのコンセプトカー」が超カッコいい! 走りもタフでマジ最高!!

「いすず〜のトラック〜♪」というCMソングでおなじみの「いすゞ自動車」。歌詞の通り、日本ではトラックやバスのメ …

◆ロケットニュース24◆

猫「さて…ひとりの時間がやってきた」(動画)

タンスをジーッと見つめる1匹の猫。 ひとりの時間の過ごし方がとても上手なのだとか。 動画をご覧ください。

◆らばQ◆

「スーツケースの作り方を見たら…必ずびっくりすると思う」驚きの製造過程

こちらは、よく見かけるタイプの大きなスーツケースですが、どんな風に作られていると思いますか? ほとんどの人が驚くであろう製造工程をご覧ください。

◆らばQ◆

GET WIRED Episode 3:レギュテックと国家の役割とは?

ヴィデオシリーズ「WIRED VIDEOS」の第1弾「GET WIRED -Future is already here.-」。マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ所長の伊藤穰一をゲストに迎えた全7回のEpisode 3では、イノヴェイションの加速に欠かせないレギュテック(レギュレーション・テクノロジー)と、規制当局としての国家の未来について、編集長の松島倫明が訊いた。

◆WIRED.jp◆

「なにかヤバいことが起きると予感するのはどんなとき?」胸騒ぎがする前兆いろいろ

「ゲームでは『セーブポイントがありそう』だとか『ボスが登場しそう』だとか、何か重大なことが起こる前のお約束があるもの。 現実でも、そうした前兆を感じるのはどんなとき?」 海外掲示板にこんな問いかけがあり、多くの回答が寄せられていました。 いろいろな実体験...

◆らばQ◆

「日本の億万長者が世界初の月旅行客に選ばれた…」ZOZOTOWN前澤氏の選出が海外でも話題に

ZOZOTOWN(スタートトゥデイ社)の創業者である前澤友作さんが、世界初の月旅行客のメンバーに選ばれたと「SpaceX」イーロン・マスク氏が発表しました。 日本の億万長者が選ばれたことが、海外掲示板でも話題となっています。

◆らばQ◆

リーナス・トーバルズの謝罪でLinuxコミュニティは変わるのか

オープンソースのOS「Linux(リナックス)」の生みの親であるリーナス・トーバルズは、感情的な言動で多くの非難を浴びてきた。そんな彼が、なぜかいまになって謝罪した。何が彼を変えたのかはともかくとして、開発コミュニティからは賛否両論の声が上がっている。

◆WIRED.jp◆

ワンワンバトルがはじまるのかと思ったら…2匹の犬の意外な行動(動画)

いまにもバトルを始めそうなこちらの2匹。 まさかの展開がネット上で人気を呼んでいました。 動画をご覧ください。

◆らばQ◆

創造力における「成功の連鎖」は、科学で解明できる:研究結果

芸術や映画制作、科学者などの世界には、なぜか続けざまに成功する「創造的な成功の連鎖」という現象があるとされている。こうした現象がなぜ起きるのか、大量のデータに基づく新しい研究結果が発表された。

◆WIRED.jp◆

ヒト胚のゲノム編集で、次世代CRISPR技術に先鞭をつける中国

「CRISPR」技術を使って行われる、生殖細胞のゲノム編集。開発から日が浅いこの技術の人体への応用については、これまで賛否両論が巻き起こっている。そんななか中国の研究チームが、次世代のCRISPR技術を使ってある遺伝性疾患の原因を排除することに成功した。

◆WIRED.jp◆

ロボットがハッカーの手先になる? 開発競争とセキュリティをめぐるジレンマ

研究室にいるロボットがいきなり「やあ、ぼくはハッカーだよ」と話し出したら──。ロボットに潜む脆弱性を解明するためにオンライン上のロボットをハッキングする実験を、米ブラウン大学の研究者たちが実施した。ロボットはセキュリティをあえて甘くしたうえで、インターネットに接続されていることが多いという。それはなぜなのか、そしてそんなロボットたちが市場に出回ったらどうなるのか。

◆WIRED.jp◆

© mezza9